酵素って何?酵素飲料と野菜ジュースの違いは?

酵素って何?

 

人間は食べ物を摂ったら必ずそれを分解して消化しなければ栄養として吸収することができません。

 

その工程に絶対に欠かせないものが消化酵素です。

 

消化された栄養分は吸収され、身体を作っていきます。

 

その工程を代謝と呼びますが、代謝に欠かせないものが維持酵素です。

 

消化と代謝、人が生きていく上で不可欠な2つの行程が、実は酵素の働きで成り立っています。

 

本物の酵素が取れる!優光泉(ゆうこうせん)【全種類の味が試せるコースはこちら

 

酵素が不足すると体内に毒素が溜まってしまう!

 

酵素が不足すると消化不良を起こしてしまったり体内の代謝がうまく行かずに逆に体内毒素が蓄積される結果になります。

 

つまり、私たちの身体の運動はすべて酵素の働きによって営まれているのです。

 

生きるために絶対に必要な心臓の活動も、呼吸をすることも、手足を動かすことも酵素なしでは成り立ちません。

 

人は年とともに新陳代謝が遅くなり、ついには全く止まってしまいます。

 

その新陳代謝に必要なものが「維持酵素」です。

 

維持酵素なしでは細胞が分裂し、新たな細胞にバトンタッチをすることが出来ません。

 

寿命の期間=酵素の蓄えがある期間

 

私たちは寿命と言うものを意識していますが、寿命の期間と言うものは、実は酵素の蓄えがある期間の事を指しているのです。

 

これほど大事な酵素は、体内にある酵素の原材料ともいうべき「潜在酵素」から生成されていきます。

 

もともと人間は食物から得た酵素を潜在酵素と引き合わせることによって、人体に欠かせない「消化酵素」と「維持酵素」を生み出していました。

 

しかし、現在は酵素を多く含んだ野菜を摂取する機会も少なくなっているうえに、様々な食品添加物や水道水に含まれる塩素などの化学物質によって体内の酵素が破壊されいるため、現代人はどんどん酵素不足になっているのです。

 

なので、今酵素を摂ることが話題になっているのです。

 

体の中での驚くべき酵素の働き

 

血管中の毒素をなくし、血液をサラサラにします

 

なぜ、血液中に毒素が充満して、いわゆるドロドロの血液になってしまうのでしょうか?

 

毒素とは腸内で分解しきれなかった食物の分子のことで、分子は大きいので栄養として吸収されません。

 

だから内臓に溜まって、いらない脂肪なんかになったりします。

 

でもこの毒素も、ちゃんと腸で分解されれば、栄養として吸収されます。

 

食物を分解するのは『酵素』なので、血液がドロドロなのは酵素不足が原因なんです。

 

血液がサラサラになれば体内の脂肪分等を排泄します

 

血液はいらないものを体内に運ぶ仕事もしているのですが、毒素が多すぎると運ばないので体のどこかに置いていってしみあます。

 

しかし、血液がサラサラだとちゃんと運んでくれますし、今まで体のどこかに置き忘れていたものも、きちんと体の外に持っていってくれるのです。

 

なので酵素で血液がサラサラになると、体内の脂肪分などを排泄してくれるデトックス効果をもたらしてくれます。

 

腎臓・肝臓の負担をなくします

 

血液は運んだ毒素を腎臓や肝臓に持っていって、排泄の処理を頼みます。

 

しかし、この毒素の量が多すぎると、肝臓や腎臓も困ってしまうのです。

 

胃や腸できちんと栄養になる分子まで分解していれば、肝臓や腎臓に負担をかけなくても良いので、特に肝機能障害のある人は、酵素を補充する必要があるとも言えます。

 

 

酵素ドリンクで手軽に酵素を補充しましょう。

 

優光泉(ゆうこうせん)【全種類の味が試せるコースはこちら

page top