酵素ドリンクと野菜ジュースの違いは?酵素は殆ど入ってないって本当?

酵素飲料とは?野菜ジュースとの違い

 

 

酵素飲料とは、わかりやすく言えば液状の生野菜ですが、家庭で作る生野菜ジュースや缶に入った野菜ジュースとは、その内容に大きな違いがあります。

 

液体生野菜、正しくは純植物性複合酵素飲料といいます。

 

非常に多くの野菜・果物・海藻・野草・穀物・樹液などからその栄養分だけ抽出し、酵母や酵素の働きで熟成発酵させた複合植物エキスで、多種類のビタミン・ミネラル・アミノ酸などの各種栄養素が天然の形で含まれています。

 

また、酢や梅干しなどと同じように体内でアルカリ性に変化するアルカリ食品です。

 

本物の酵素ドリンク優光泉(ゆうこうせん)【全種類の味が試せるコースはこちら

 

酵素飲料の必要性

 

現在人はどんどん酵素不足になっていますから、本来身体の中で作られるべき酵素が材料不足のため出来なくなっている状況です。

 

そこで、酵素の元になる酵母菌・ビタミン・ミネラルがたっぷりと入った酵素飲料の補給が必要になってきているのです。

 

酵素飲料を毎日飲み続ければ、体の中を正常に安定させ、あらゆる体の中の機能が全て順調にいくように整えてくれます。

 

酵素ドリンクには酵素はほとんど入っていない噂って本当?

 

本来酵素飲料とは体内酵素を増やすための材料である、生きた酵母菌や野菜そのもののエキスが入っている飲み物なので、酵素自体は入っていません。

 

もともとは「補酵素飲料」と言われていましたが、呼びやすさから酵素飲料と呼ばれるようになりました。

 

名前が酵素飲料なので、酵素が入っているものという誤解を招きがちなのですが、人間の体内で働く酵素は体内でつくるものなのです。

 

また、生きた酵素は入っていないと意味がないと言うこともよく耳にしますが、酵素は物質なので生き物ではありません。

 

そのため、生きた酵素が入っていると言うこと自体ありえないのです。

 

当サイトでおススメしている酵素ドリンク『優光泉』の飲み方

 

 

というわけで野菜不足の方や、偏食しがちな方、栄養を補給しなければならない健康の不安にある方は特に酵素ドリンクを積極的に飲んで、体内で酵素を作りましょう。

 

もちろん、美容の為に飲んでもおススメです。

 

優光泉の酵素ドリンクは100ccあたり178kcalなので、普通の食事なら酵素飲料を飲んでもカロリーオーバーにならず安心です。

 

 

酵素飲料はおいしく飲みやすいので、原液を水で割って飲んでも、炭酸水で割っても飲んでも美味しいです。

 

ですが、アレンジレシピとして、レモンを入れてみたり、冬なら温かいレモンティーなどに砂糖の代わりとして入れてみても美味しくいただけます。

 

優光泉(ゆうこうせん)【全種類の味が試せるコースはこちら

page top